スピードラーニングでの英語学習の道のりは長い

英語学習を始めたきっかけは両親がイギリスにホームステイに行くように勧めてもらい,ホームステイで全く英語が通じなかった経験からです。それまでの英語は文法中心の勉強の中の英語でしたが,生きている英語に触れたことで英語学習に興味を持つようになりました。

英語学習は4つ項目があり,スピーキング,リスニング,リーディング,ライティングとバランス良く出来ると上達するのではないかと思っています。思っているというのは今でも学習途上なのです。

最初は大手の英会話スクールに行きました。単調な会話もあまり出来ず,もどかしい日々でした。大手の英会話スクールが悪いとは思いませんが効率的ではなかったと思います。

だとしたら、スピードラーニングで英語が話せるようになりたいとも思いました。

またインプットも大切で相手が何を話しているかというのを聞けるためにも,単語やイディオムなども暗記しておく必要があります。

その後はスピーキングでもリーディングでも知らない単語やイディオムがあったら英語ノートを作り,そこに書き込みます。また派生する言葉や対義語なども同時に書いておくと自分の中のイディオムが増えていく気がします。勿論書き込むだけではなく,ノートを見返さないといけません。ノートを見ていると何度も同じ単語が書き込まれていたことがあります。とにかく繰り返しするのです。

大手の英会話スクールは値段が高いので,公民館でやっている英語教室や日本人同士の英語サークルなどにも行ったりしました。話す時に大事なのは「プライドを捨てること」です。ある程度話せるようになると文法がめちゃくちゃだなと感じたりするかもしれませんが,最初に口に出してしまった方が上達が早くなる気がします。

独学ではラジオの英会話などがとても役に立ちます。今も時々聞きます。初級者のものでも一回聞いただけでは聞き取れなかったりすることもあり,まだまだ勉強が必要だと感じることがあります。また英語字幕がついている映画や外国のドラマを見ることや「CNN」や「BBC」などのニュースなどを聞くことも良くしていました。リスニングは慣れも大事だと思っています。

ペーパーバックスなどは途中で飽きてしまう時があるので,私は「ジャパンタイムス」を駅で購入して1週間で1紙読んでいました。「ジャパンタイムス」は海外の新聞ではなく国内での話題が多いので,海外の新聞よりわかりやすいのです。上級者になれば「ニューヨークタイムス」や「TIME」などお勧めです。

歯の白さを大切にすることは、体全体を大切にすること

以前、左下あごに横向きに生えた親知らず(水平埋伏智歯)が生えていました。
その親知らずは、二十歳ぐらいに生え始めたのですが、通院していた歯科医からは何も言われなかったことから、長い間ほったらかしにしていました。

ところで、私は若い頃から頭痛がしたり肩こりが酷かったり、そしてイライラしやすかったりして体や心の不調を訴えることが長い間続いていました。
最初の頃は、若さにまかせて我慢していたのですが、30過ぎたあたりから徐々に症状が悪化するようになり、仕事にも差し支えるようになったのです。
会社の健康診断では特に問題ないという結果がでていたことから、なぜこんなにも調子が悪いのか不思議でしかたありません・・・? そして、いろいろ調べてみることにしたのです。

特にイライラ感が酷かったので、最初は心の病気だと思い、食事療法やリラクゼーション法を始めました。しかし、いっこうに良くなりません。
そうこうしているうちに、3年、5年と時が経ち、悩みは大きくなるばかりでした。

そんなあるとき、仕事が休みの日にプラッと街の図書館に立ち寄ったのです。
すると、本棚に、体調が悪化するのは歯が原因だ、と言った題名の書籍が目に入ったのでした。手に取ってみると、頭痛やイライラ感、腰痛や肩こりが酷いときは歯を是正した方が良い、と言ったことが書いてあるではありませんか。私は咄嗟に、“これだ!”と思い、その本を借りて帰ったのです。

その本には、横向きに生えた親知らずがあると歯の手入れが行き届かなくなり口の中にストレスが溜まりやすくなる、と書いてありました。また、口の中のみならず、身体全体にも悪影響を及ぼすと言うのです。
そして、早速親知らずの治療を開始したのでした。

抜糸は大変でしたが、その後は身体の調子がみるみる良くなって行きました。
あれほど悩んでいたイライラ感や焦燥感かなくなり、そしていつの間にか肩こりや頭痛も消えて言ったのです。
それからは、今までが嘘だったように健康的な毎日を送れています。

今回は、歯白さの大切さを実感した次第であります。
歯の白さを保つためには、研磨剤を使わない歯のホワイトニング歯磨き粉を毎日使うことを欠かさないようにしましょう。
今はもちろん、歯間ブラシやホワイトニング用の液体歯磨きを使い、歯の手入れだけは怠らないように注意するようになりました。

やっぱりお歳暮は好きだなぁと思う理由

お中元と比べますと、お歳暮の方が選べるギフトのバリエーションが豊富だと感じています。まあそれもそうでしょうね。私の周りでもそうなのですけれど、お中元は贈らないけれど、お歳暮は毎年欠かさないという人もいますからね。

会社となりますと、お中元とお歳暮はどこの会社もわりと贈っているというものでしょうけれど、各家庭となりますと「そもそもお中元やお歳暮は贈らない」という家もあれば、「お中元は贈らなけれど、お歳暮は贈っている」という家もあるわけです。両方とも欠かさないという人もいますけれど、現代ではわりと少数派だったりしますね。

まあとにかく、お中元と比べてみてもお歳暮を贈る人は多いわけです。かくいう我が家もそのうちのひとつですね。我が家はお中元は贈らないですが、お歳暮は贈っていますから。

そしてわりとお歳暮で贈る品物を選ぶのも楽しかったりするのですよね。お歳暮は先にも言いましたように、商品バリエーションが豊富だという印象ですから。

たとえばお中元では、チョコレートを贈ることは避けられる傾向がありますけれど、しかしお歳暮ならば夏の暑さでチョコレートが熔けることはないわけです。ですからお歳暮のカタログギフトには、高級チョコレートメーカーのチョコレートもラインナップされているのですよね。選んでいるこっちの方がテンション上がってしまいますよ。

また、チョコレートだけではなく、お歳暮はスイーツの種類もぐっと数が増えますよね。ですから選ぶ楽しみも増すわけです。冬場は食品を扱いやすいということもあってか、お歳暮のカタログギフトにおいしそうなスイーツが掲載されるのは、本当にうれしい限りですよ。

また、酒類に関してもお中元よりも種類が増えるという印象です。とくにワインは冬場のギフトだということなのか、お歳暮ではラインナップがどーんと増えていますよね。

とにかくもう、お歳暮のラインナップは種類豊富で選んでいる方もとても楽しい気持ちになりますね。ですから私はやっぱりお歳暮は好きだなぁと思うわけです。

なかなか見つけられないネットで人探し

ネットのSNSで昔の彼氏を~”という話をよく聴くのですが、これがとても不思議です。

不思議というのは、ネットで昔つきあっていた人を探すことが、ではなくて(私もやりましたし)、ネットでそんなに確実に探したい人を見つけられるのか、ということです。
私が探したときは、好きだった人は見つけられず、友達の妹さんのSNSを見つけることができ(友達本人は見つけられず)、つきあっていた人のSNSも見つからず、かつての友達のSNSも不明・・という、探してみたけどとてもすっきりしない結果でした。

見つからない理由のひとつは、出てくるSNSがひとつではないことです。探したい人の名前を入力すると、同じ名前のSNSがいくつも出てくるので、その中に探したい人がいるかどうかわからないのです。年齢や出身地などあるていど絞っても、です。そういう情報を記載していないSNSも多くて、特定できないのです。

私がSNSを探し出せた人達は、みんな名前が珍しい人達で、特定しやすかったです。同姓同名のSNSが全然出てこない、つまり探したい人しかいなかったという奇跡もありました。

探し出せた人達は、こう言っては失礼ですけど「名前を覚えているからちょっと探してみるか」くらいの気持ちで、そんなに知りたいわけでもない人達なので、見つけ出したところでこっちからコメントを送るでもないし、向こうも私がいきなりコメントを書き込んでも困ると思います。元気そうでよかったくらいは思いますけど、それだけです。今後会うこともないだろうし(同窓会があったら会うかも)、見つけた後もSNSをチェックすることはありません。

探したい人が見つからないというのは、私の探し方が悪いのかなとも思います。こういうことにまだまだ慣れてない年代なので。

探したい人達がSNSを使っているかどうかもわからないし、ネットでの人探しは時間をかけるわりに成果がない・・というのが実感です。なので最近はしていませんが、数か月おきくらいに探してしまいます・・。